虫周ノ言己

通称 「芋」 自称理系。鉄道中心に色々と。

イヤミだ!イヤミ!

 こんな趣味をずっと続けてたら色々な感情がこみ上げてくる。まあ、その大半が『癪、死すべき。』なんだろうが。

 

 

 

 とにかく何かを撮りたかった芋はとにかくひねくれていた。頭の中は常に批判でいっぱいだった。蒼い鳥のSNSで『あんまうまく撮れなかったんですが笑』的な事が書かれてたら気分が悪くなるくらいの物だった。そして心の中で『イヤミだ!イヤミ!』と野次を飛ばすのであった。

 

 

 どんなに野次飛ばしてたって写真は増えない。結局撮影という撮影は体育祭を最後にやっていないので今から一年くらい前のことでも書こうと思う。

 

 

 高校に入学したての頃、なんとなくシルエットを撮りたいと思っていた。適当に探してたら八高線の撮影地が見つかったので行く事にした。この頃は思い立ったら単身でも行動するくらいの行動力があったのだ・・・。

 

 西武の元加治とかいうちゃっちい駅に降り立った後、夕日を浴びながら少しばかり歩いたらその撮影地は姿を現した。

 

 すぐさま河原に降りて三脚を立てる。いつ来るかわからない電車等、初めてのシルエット。わくわくしていた。

 

 そして・・・

 

f:id:DR_SC_TNA:20180523000120j:image

 

夕日を浴びながら凄まじい音を立て、鉄橋を列車が通過した。この時は童心に帰っていたと思う。それくらいの経験だった。

 

そして歩きに歩いて東飯能へ、眠い目を擦りラーメン食べて帰路についた・・・。

 

 

しかし、数ヶ月後、ここへまた来た芋に悲劇が襲ってくるのをまだ誰も知らなかった・・・。

 

嗚呼、この頃に戻りたい。既に私は高校生活をやり直したいという叶わぬ欲望を持ってしまった・・・。

 

また行こうかな・・・。すべてを忘れられるかもしれない。

 

[Canon EOS Kiss X3 + SIGMA17-50/2.8]

気づいたこと

芋、最近気づきました。

 

『できなかったらごめんね』ってやつ。

 

99%やらない。

 

f:id:DR_SC_TNA:20180512233716j:image

こういうトンネル飛び出し構図っていうのは、どんな車両でも合いますよね。

アプローチ

 かわいい人には「かわいい」って言うように、カッコイイ電車を『撮る』なんていうものはこの趣味においてかなり重要な事でございます。そんな事を暗闇の寝室でずっと考えてたら頭痛くなってたのでたまにはここに前の話でも。

 

  桜がまだ咲いてたとある日、13万近い大金を叩いてお買い上げしたTAMRON A025のテストショットを試したかった芋は何を撮ろうかかなり迷っていのだ。

 

 『とりあえず地下だなあ、でも地下鉄乗るのはめんどくかいからなあー』

 

なんていつもの面倒くさくなって外に出るのをやめてしまうパターンに入りそうになったのでとりあえず電車に乗ってみた。

 

 乗った電車が埼京線と並走する区間に入ってみたら青いのが猛スピードですれ違ってきた。この瞬間、今日の第1の被写体は決まったのであった。

 

 とりあえずりんかい線に潜ったのはいいものの撮影地がわからない、Twitterの情報を集めたり前面展望とかでロケハンしたりと色々やった後、いい感じのところを見つけたのであとは待つだけ。

 

しかし南は新木場北は川越と幅の広い運用が多い埼京線、おまけに通勤列車の運用なんて数学並みにわからない自分にとってはいつ来るのか分からないのにビビッてた。

 

 6本くらい待った後、ようやく来た。

 

f:id:DR_SC_TNA:20180512000232j:image

思いつきで撮ることは悪くは無いね。

 

疲労のサンドイッチ

f:id:DR_SC_TNA:20180504233856j:image

4010M(しおさい10号) 編成不明 @物井~佐倉

 この日は元々入ってた予定がなくなりすっかり暇になったのでとりあえず朝の五時に就寝、4時間程寝て起きてご飯を食べるといういつもの事をしてたのだが・・・。

 暇である。ネットサーフィンをやっても10分で飽きるような人間が家で有意義に暇を潰せる訳がない。ということで思い立った芋は〇PVを開いた。

 結果は千葉県が真っ黒、気がついたら成田空港行きの快速列車に乗っていた。       

 久しぶりの単身特攻である。しおさいと209でも撮れればいいかと思って雲まみれの車窓を眺めてた。

 佐倉で降りた芋はTwitterで触発されて行きたくなっていた寺崎俯瞰へ行くことにした。Go〇gleのマップだと20分くらいで着くと書かれてたが道に迷ったおかげで35分近くかかったがまあなんやかんやで到着し、いつものように機材セット。上を見たら快速の車窓が嘘のようなバリ晴れ。これは来た。

 GATSBYで体を拭きながら待ってたらモノのしおさいが来た。レリーズのボタンを押した。撮れた。

 

f:id:DR_SC_TNA:20180504234020j:image

9426M 485系TG01編成 @同上

 そのままぼけーとしてたら宴も来た。レリーズのボタンを押した。撮れた。

 

  上の二つに209のそれなりのカットを撮れた芋は『このまま209と4012Mを編成で撮ろう!』って考え、部活の練習で培った階段ダッシュで城趾の階段を駆け下りて宮ノ下の踏切へ。2本くらい209を撮って後ろを見たらあらびっくり。太陽さんが大きな入道雲さんに隠れてるじゃないですか。

 

 やる気を失ったので撤収。カメラバッグのおかげで右肩が痛くなりG〇ogleMapに従ってたら草まみれの道とは言えない道を案内され💩を踏んだり🐸の鳴き声にビビったりと最悪なモノに。あのMAP絶対に許さない。

 

 

 帰ったら帰ったで疲れた。よく考えたら昨日は部活の練習で泳いだんだ・・・。そりゃ疲れる訳である。しかも死刑宣告とも言える警告がLINEで・・・。みんなもTwitterでハメは外さないようにしましょう。

 

[EOS 7D Mark ll + TAMRON 70-200/F2.8 G2 A025]

 

追い求めてたもの。

『本当に撮りたいものってなんだろう』

 

ここ数カ月、Twitterに上がっている写真を見る度に思っていたことである。みんな思い思いの被写体に向けカメラを向け、その結果をツイートしている。

 ある者は私鉄の試運転、ある者は工臨、ある者は115、ある者は185。みんな本当に好きだから追いかけているのであろうと感じる。

 

 さあ私はどうだろうか。ぶっちゃけ試運転なんて興味ないし工臨もよく分からない。115も新潟でテレビの中でしか見れないものを実際にカメラに収められて感動していたが、『本当に心から好きなのか?』と聞かれれば迷うレベルのものだ。

 

私の尊敬している115や415にヨンマルを撮りまくってる数々の撮り鉄は心から好きで南は九州、北は北海道と日本中を無尽に駆け回っている。

 

 それに比べて私は『広く浅く』なんて聞こえのいい言葉を言って色々撮っていたが正直ただのにわかである。

 

 極めるものもなければ情熱的な何かもない。多分『ただみんな撮ってるから俺も』という感情で動いていたのだろう。

 

 このままではモチベーションが下がるだけだと感じた自分も何か心から好きで心から追いかけたいモノがあるのではないかと記憶や写真をとにかく漁っていた。

 

ひとつだけあった。 まだ小学校にすら入っていない時、緑の電車をものすごいスピードで追い抜いてたあの青い電車。そしてその仲間たち。後継に追い出されてしまったが房総の地であの時と変わらず最大10両で走っているあの電車。

 

 今思えば、自分の鉄道好きの原点はここにあったのかもしれない。

 

 そう、209系である。こいつこそが自分の追いかけるべきものだと気づいたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退屈な数IIの授業中に・・・。

 

 思い立てばすぐ行動。ながーいLHRが終わった後すぐにあるはずのない用事を部活のグループに投げたあと、帰る方向とは逆の列車に乗った。

f:id:DR_SC_TNA:20180419223723j:imagef:id:DR_SC_TNA:20180419223728j:imagef:id:DR_SC_TNA:20180419223735j:image

 行った先で見たのは、昔を思い出させるあの形をした電車。元いた路線ではしなかった分割併合。通勤列車と近郊列車を兼用する車内。

 

 しかし、元気に青い電車として活躍してた面影が強く残っていた。

 

自分の追い求めるものはここにあったんだと強く思ったこの日であった。

 

今ここに、209を撮り続けることを、さっき作ったiPhoneの209系のフォルダをあの顔、あの側面、あの車体で埋め尽くすことを誓う。

 

あの時みたいにまた追い出されるその日まで・・・・・・。

 

 

 

 

コメの国から vol2

vol1で3371Mを撮った後、コンビニで朝飯を買い込み休憩。そのあと3373Mを撮りに米山俯瞰へ行くことにした。この時はまだ、過酷な道のりというものを知らなかったのである...。車はあっという間に米山俯瞰へ到着。しかし目の前に広がっていたのは展望台でも緩やかな坂道でもなく、舗装された「斜面」であったのだ。急な山の斜面によくあるあの四角いコンクリートのアレであったのだ。
数分後、4人の撮り鉄はその斜面に足をかけた。キッザニアのアトラクションとか室内でやるボルタリングとか尾瀬の山とかそういうレベルじゃない。トレッキングシューズを履いてきてよかったと心から思った。しかしそれでも湿った土は靴の摩擦をなくす。意外とコンクリートの部分に手なり足なりかけれたので良かったがキツいのは変わらない。
やっとのことでその斜面を登りきり構図を決めてみるが何かが違う。高さが足りないのだ。Googleで検索したそれとはいろいろ違う。そして後ろにはまだ何段もあるさっき登ったのと同じ急な「斜面」。正直、うちの登山部より過酷だと思われる登り方であろう。

登ってはまた登る、これを五回繰り返したか、構図を確認するのも忘れてた自分は数分ぶりに見た日本海と雪に覆われ山々、そして黒井の工場のコンビナートである。一段目とは程遠い絶景であった。

しかし6段登ったのである。無論、高さは伊達じゃない。「足滑ったら死ぬな...」本当に覚悟した。足が寒さと恐怖で震えていたが何とか耐えようと努力。努力の極み。震えは収まる。

始発の新幹線に乗ってきたかと思われる同業者がこの斜面を登ってくるのを見下ろしながら構図のセットをする。自分とは違い慣れた手つきで斜面をひょひょいと登ってきた。
適当にしゃべってたらMT54の音が聞こえてきた。かなりの距離があるはずなのに割と聞こえる。

3373M 115系N38編成 @米山~笠島
苦労して登って怖がった甲斐は十分あった。高崎の115では絶対見ることができない日本海湘南色。撮れてよかった。
ところで登山より下山のほうが辛いってのはよく聞く話だがこの斜面も例外ではない。マジで死ぬかと思った。2度とここに行くことはないだろう。


この後色々115を満喫した後、長岡からMAXに乗って帰った。電波がつながらないトンネルと夜景を望みながら何故か鱒寿司を食べてた撮り鉄がそこにいた。

[]EOS 7D Markll + いつものキトレン]

コメの国から vol1

 こいつの友達の家というのは千葉でも多摩川でもなく深夜の関越道を走る1台の車であった。今から素敵な景色を見れるのだという期待を胸にしてたが、その背には親に嘘をついた罪悪感もあった。

 

 ウトウトしていたら深夜の長岡だ。ロケハンをするということで信越線の撮影地へ。その間私は新潟の夜空に広がる星々に感動をしていた。

 

 気がついたら朝の6時、起きた場所は米山の近くのアウトカーブの撮影地だった。おはよう信越と普通で構図を決めていたが雲が酷い、曇りの予報だったし仕方ないかと諦めていたら雲が抜けてきた。その瞬間、MT54の轟音が聞こえてくる。見えたのはキムワイプに見えるアイツ。

f:id:DR_SC_TNA:20180315163337j:image

3371M 115系N-33編成 @柿崎~米山

某模型番組でしか見たことなかったこいつ。どこの理科室にもあるあのハコを想像させる塗装。

 一応僕は理系な高校に通っているし実験室を見れば長野の廃車置き場みたいにキムワイプが積み上がっていて、撮りたかった1枚だったのだがまさか本当に撮れるとは思わなかった。

 

 たった1枚の写真でも撮れたということだけで感動した。

 

 

【おまけ】

f:id:DR_SC_TNA:20180315164000j:image

4095(?)レ EF510-515+コキ

この色は2年ぶりに見たのだがやはり過酷な日本海縦貫線。すっかり汚れていた。

これはこれでかっこいいよね。

EOS 7D Mark2+キトレン望遠]