虫周ノ言己

高校生のどっかの馬鹿が適当に書くブログ

旅は道連れ泥塗れ

 月曜から4日間続いたテスト期間中に見た化学の先生はいつもの白衣を脱いで普通の服だった。ものすごくかわいかった……。テストは死んだ。

  本題に移る。数Ⅰで2時間自習をし生物基礎を2時間左から右に聞き流していた土曜日、テストも終わったことだし何か撮りたいなぁと思ってTwitterを見たらカシオペアの牽引がEF81 97ということだった。なんも変哲のない星釜だが自分自身、そのなんも変哲のない星釜を撮ったことがなかったので出撃することに。

 前回はカシオペアを撮った時は古河面縦だった。今回は晴れてるしクリコガにしよう。と思い黒磯行きのボックスシートに座った。

 車内で飯を食い古河駅に着き撮影地に向かうのだが道中が物凄く長い。歩いて大体40分近くある。それに30℃を超えた真夏日であったため体力がゴリゴリ削られていく。このまま倒れてそのまま野垂れ死にそうなくらいに酷い。

 しかしどっかの馬鹿は化学の先生に告白するまでは死ねないので近くのコンビニに駆け込み飲み物を買った。

 

 なんやかんやでクリコガに到着。三脚が生えた小さな草叢みたいで少しやる気が減ったがとりあえずマシな場所を確保。少し無理やりになったが三脚も立てることができた。

 その後、知り合い数名が来たので少し話していたらもう17時。何かを思い出したかのようにカメラのファインダーを覗く。

 数分後、赤い機関車と銀色の客車がそれなりの速度でファインダー内に侵入したのであった。

f:id:DR_SC_TNA:20170710220837j:image

 9011レ カシオペア紀行 EF81 97+E26系12両 @栗橋~古河 

 言葉が出ない空模様である。なんというこの汚染さよ。せっかくの晴れが糞になった瞬間であった。

[EOS 7D Markll + Σ17-50mm/2.8 EX DC OS HSM]

 化学のテストどうだったかなあ…頑張ったけど死んでるなあこれ…