虫周ノ言己

高校生のどっかの馬鹿が適当に書くブログ

ゴールドアイボリー

 午前中はつくばへと駆け抜ける銀の矢をトンネルポエマーと撮影していた。二人ともそのカッコよさにしびれまた撮るという約束をし、ポエマーが狙っていたLSE×稲カットへ行くことに。

 秋葉原で自分も銀の矢と化し小田急へ、気が付いた時にはアイボリー色の微妙に古臭い電車の中で一口牛タンをむさぼりオレンジジュースを飲みながら新松田へと向かっていた。

 町田で安中榛名でお世話になったもう一人の知り合いと合流。大野あたりでもう一人初めてお会いする人とお会いした。すごく面白くてとてもいい人だった。

 新松田で小田原行きの6連へお乗り換え、2、3駅くらい乗った後お降りに。やけに暑い中玄米水田へと向かう。しかしここで問題発生。撮ろうとしていたところへ向かったら一番いいところが刈り取られていたのだ。

 陰湿農家にイラつきながら構図変更。農道の中を右往左往しながらとりあえず構える。

f:id:DR_SC_TNA:20171002225111j:plain

3000系でまず試し撮り。何とも言えぬ何かが写真を漂う。

f:id:DR_SC_TNA:20171002225248j:plain

 8000形の連結面を狙ってパシャリ。初めてこの電車がカッコいいと思った。

f:id:DR_SC_TNA:20171002225713j:plain

 VSE、うまくはまってくれた。とてもカッコいい。かっこよすぎて語彙力がなくなってきた。

 

 ちなみにLSEは陰湿雲がでんでらでんでらお日様隠してくれたおかげで撃沈。死んでしまった。

 帰りも狙ったが自分の喉が死にかけてきたのと日没を迎えてしまったおかげで撃沈。ブルーモーメントに包まれたV写真をポエマーが撮ってた。俺も狙えばよかったと思ったが悔やんでも遅い。恋愛のチャンスもシャッターチャンスも自分を待ってくれないのだ。

 その後、真っ暗に包まれた小田急沿線を横目に痛む喉を抑えながら帰路へ。

 

なおこの後体調を崩し、治りかけのけだるい体調で学校にいる中、仲のいい先輩から「化学の先生とおっさん先生数人がカラオケ行ったらしいよwww」という衝撃的な報告を受け、絶望の淵へ堕ちたのだがそれはまた別のお話。

 

[Canon EOS 7D Markll+SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM(借り物)]